ご妊娠おめでとうございます

妊娠されたお祝いとしてマタニティガーデンでは着帯をとても大切に考えております。
腹帯を普段からずっと巻いておく必要があるということではなく、ひとつの通過儀礼として大切な風習であるとの思いから助産師の手で無事に赤ちゃんが成長され、安産を祈って、願いを込めて着帯をさせていただきます。

帯祝いとは

おなかに赤ちゃんが宿って初めての大切なお祝い事です。 妊娠5か月目(妊娠16週)になるとつわりもおさまり、赤ちゃんが順調に発育され、流産の心配が少なく安定期に入ります。
妊娠5か月目の戌の日に、赤ちゃんを授かったことを喜び、出産の無事を祈って、安産をお祈りするならわしを帯祝いと言います。
「戌の日」とは、十二支の11番目にあたる、12日に一度めぐってくる日のことです。たくさんの子を産み、お産が軽い犬は、昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。

時代や地域によって風習や習慣にも違いがあり、古くは『古事記』にも記述が残るそうです。
帯祝いに使う「岩田帯」は、女性の実家や、地域によっては子宝に恵まれた夫婦や仲人から贈られます。
「岩田帯」の言葉の語源は、結んだ帯を肌に着けた「結肌帯(ゆいはだおび)」か、不浄なものを避ける意味の「斎肌帯(いはだおび)」などからきています。
岩田帯は、紅白の絹の帯地各1筋と、白木綿1筋の計3本を重ね、奉書紙で包むのが正式な方法ですが、実際にお腹に巻く木綿帯1丈を奉書紙に包んで贈る略式の方法もあります。「帯祝い餅」という紅白餅を食べる習慣があるなど、地域や家庭によって祝い方もさまざまなようです。

この時期に巻くというのは、母親になるという自覚を持ち、赤ちゃんができて最初の行事という大きな意味を持っているといえます。目立ってきたお腹を保護すると共に「岩のように丈夫な赤ちゃんを」という願いも込められているといいます。

【参考外部サイト】 犬の日カレンダー

マタニティガーデンで着帯

安産のご祈祷をされ、帯をいただいたら一度は身に着けてみてください。
ご祈祷の日、別の犬の日、大安などいつでもご家族の行事として都合の良い日に安産を願って帯をつけてみましょう。助産師による着帯は単に帯を着用するだけではなく、着け方をお伝えし、これから母となる日に向けてちょっとしたアドバイスも同時にさせていただけます。








あかちゃんができたら、おかあさんになるおけいこ 始めませんか?